思い出からは流れるメロディ

がんばルビィはもぎゅっとの進化系だと思うんですよね。
たまに縦になって大魔神ルビィとかにアレンジされたり
しますけど。っていうか唐突過ぎてそもそも、もぎゅっ
と(のポーズ)って何?って思われるかもしれませんが。
e0349199_18211104.jpg





































アイドルにはおなじみのこういうポーズですかね。こう、
手を胸やアゴの前でぎゅっと絞り込みナナメで笑顔をす
る、いわゆるぶりっこのポーズ、ラブライブ!界隈では
もぎゅっとと称されて(本当か?)おなじみのものです。
e0349199_19154378.jpg






































このもぎゅっととがんばルビィについて語ろうと思ったん
ですが長くなりそうな上に結構どうでもいいことでしたの
でやめました。そしてしょうもない前置きは、ここまでだ!

ロケテスト、スクフェス、その他、色々あり全部まとめて
書こうと思ったんですがちょっとBD七巻の方で思うこと
がありましたので分けて書いていきます。そう、二期最終
巻である七巻が先日、発売されました。これで終わりです。
e0349199_17535110.jpg




























ちゃんと新品で買われたのならば、色々付いてきます相変
わらず。ブックレットや小冊子に想いを馳せるのもいいで
しょう。ドーム応募権?まあそれも大事と言えば大事かも
しれませんがそんな大したもんじゃないです。キセキヒカ
ルのCD?ああ確かにそれは少し大きいですかね。そういえ
ば間奏のところに、一期のあのメロディ、フレンドシップ
やデターミネーションのテーマがさりげなく入ってたのに
は、少しびっくりしましたよね。さすがという感じでした。

曲自体は非常におなじみのメロディの連続なのでやはりそ
れほど大胆なアレンジが後半に待っていたわけではなく、
歌詞も納得ではあるけども虚を突かれるほどのところは少
なめだったんですが、それでも後半の転調とリフレインは
こう、アクアの「全員の声」も、完成されて確立されてつ
いにここまできたか…という、μ’s最後期並みの合唱の完
成度を感じて、そっちの方で少し感涙するところあります。

アレンジャーやミキサーさんの錬度なんかもあるかもですが。
ひと聞き、これでわかるアクアの声、μ’sの声、九人の。こ
ういうのがやはり最後には大事になってくるのではないかと。


そんな一曲ですが。これですらおまけです。これですら関係
なく、本編のBDの方、これは手に入れないと損かもです。
特にダンス付き二曲のアニメ、これが本当に力がありました。

実際最初に一回本放送で見たっきりで、その後ネット試聴も
再放送なども一切見ずに(BD画像で見ようと決めていた)
ここまで半年、うろ覚えしていたりすごさなどに気がつかな
かったりしましたが、ようやくゆっくり細部まで見れました。

ストーリーの方はいまさら細かく言いませんがそれでもゆっ
くり見直すと、相変わらず気になる所や強引さがあったり空
想と現実、演出過多や空間軸のファンタジーを交えながらも
ちゃんと説明や流れも最低限されており没頭も可能でしたし。

中でもすごいなと思ったのがウォーターブルーニューワール
ド、青一色がテーマなのである意味地味目なんですがこれに
は隔世の感を感じます…。背景の重ねあわせ、それを保ちつ
つのCGの完成度が非常に高いですよね。あとCGの陰に隠
れて弱くなったイメージのあった手描き絵ですけどよく見る
とめちゃくちゃ丁寧で。劇場版レベルかなーとか思いました。

ちかっちも髪おろしモードでちょっと本気入ってますしね…。

そしてワンダフルストーリーズ。

初見では単なる過去曲シーンの使いまわしのイメージがあっ
たんですがとんでもない、これのために、振付けタイミング
他をワンダフル仕様にして書き直されたものでした。この振
り付けと構成がまた、いわゆる今流行のエモーショナル感で。

とてもいい!

特に一番のサビの畳みかけ、アウェイクン衣装できちっとビ
シっと列と手足を決めそのままウォーターブルー衣装、あの
体の斜めの角度(色っぽい)からL字の指先でピッピッとや
る一連の流れ、あれを一瞬でやっていくところ、このシンク
ロと畳み掛けこそやはりラブライブ!だなあと思いました。

めちゃめちゃいいシーンです。あの辺はアニメとは言え美術
的に映えると思います。そりゃあ多人数アイドルダンスのこ
ういうのに憧れたり心を持ってかれてもしょがない感じです。

ピッピッとやるのはライブでもキメてましたよね。そうだライ
ブ、合唱推奨だったのはそのまま、アニメの曲に入る前の冒頭
で力強く全員で「一緒に!」という流れだからなんですよね。
つまり視聴者、ファンを(アニメながら)巻き込んでいくとい
うスタイルの下地をすでに形成していたという。生徒になれと。

最後は制服、校舎に戻って虹がかかって終了、そして幕となり
ますが。この虹が劇場版に続いていくのでしょうか。相変わら
ず突拍子ないところもありますがPV映像は本当にすごかった。

そういえば最後の方で一期OP後半の、堤防に並んで座っている
のを模したシーン、何気に片手にこにーのポーズだったりとか。
想いよひとつになれの観客のペンがサクラピンク一色とか。ハ
ッピーメーカーほどではないですが色々とネタは入ってますね。

未来の僕ら~で出た謎の観客上を転がる玉などは残念ながら?実
際のライブでは出なくなってしまいましたけども!多分問題が。


そんなわけで。視聴前の前書きなどに出てくるチビキャラもやっ
と九人揃いました。これにてアニメの方は終わりのようです。こ
の巻が出たことで3rdの残す福岡などのワンダフルなどの見方
も少し(楽しめる方にさらに)変化していきそうな気もします。

by garretexbb | 2018-06-24 19:11 | ラブライブ! | Comments(0)

ラブライブと日常


by 地味人生
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30