平日LV

一日目ライブビュー見てきました。たまたま半日休み取
れたんですが分かってたら現地チャレンジもしたんです
けどもね。劇場もさすがに平日なので空きがありました。

ツアーなので基本的に従来の(ラブライブ!の)参加形
式とは若干ちがい、地方への配慮もそうですが一回逃し
ても同等のライブを見れるチャンスがいくつかある、と
いう感じの提供姿勢、裏を返せばよっぽど人物なり空気
感なりのファンなどでもなければ、一回見れればその年
のライブ欲は満たされる、という面もあるでしょう。

それでもやはり好きな人は好きということで。

それなりにいました。ツアー自体もここで一旦終わり、
ということで特別な想いなどもあるのかもしれません。

そんな感じでしたが。
e0349199_02431927.jpg





































内容自体はいつもの感じからそれほど外れてはいませんでし
たね。最後なので何かやりたい気持ちはあるんでしょうが「
平等」を大幅に崩すわけにもまいりませんし、難しい所です。

ただここまでくるとしんがり的にある程度はアリと思いますが。


おっと!まだ今日の二日目があるのでネタバレかもしれません。
相変わらずたいした事は書かないですがそれでも気になる方は
ここまでにしておいた方がいいですかね。スペース空けますが。

例によって偉そうですけど…見つめる事に意義が、あるならば。

























ツアー公演なので一回の「濃さ」が、例えばμ’s時代の一
回に全身全霊を懸けたドカンとくるようなのを味わってい
ると物足りなさはあったりするかもしれません。ただポテ
ンシャルはあるようにも見えますのでまだ進化中なのかも。
今はまだ特定のファンの猛り狂うパワーが色々とカバーして
いるような印象も受けます。それもそれでアレなんですが。


歌唱の安定度は、出たばかりの新曲は少し苦しかったです
がそれ以外はさすがに立派なものでした。新曲も、どんど
ん挑戦していく姿勢はさすが若さというか意欲を感じます。

会場のディレクションも多分苦労があったんじゃないでし
ょうか。制限された中でキャストとファンのがんばりでな
んとかもっていこう、という感じに個人的には見えました。
こうやってあらゆる皆、経験を積んでいくんだなあ、とも。

相変わらず動きはとても激しいものです。心配になるくらい。
ただ…リアルアイドルならそれもいいでしょうが、2.5次元
アイドルが標榜ならば若干、方向が違うのでは、と思う時も
あります。ジャブの連打ではなくワンツーとストレートで華
麗に決めて欲しい(わかりづらい)と思う層はいるはずです。

とはいっても今回の一連はアクアのバリエーション、アニメ
の存在しない新曲や特典曲が多めな分、そうならざるを得な
さそうなのもわかりますかね。「一回の重さでキめる曲」も、
アクアは持っています。特にナンバリングやアニメ曲などは
本当に強く、今回はサービスか、はたまた商業的なものかメ
ンバー自身の活力源としてか、アニメ曲、人気が高く意義も
あるミライチケットやエンディング曲も追加されていました。

あともし楽しみたいなら先日出たデュオトリオは聴いておく
といいかもしれません。スクフェスなどではまだですからね。

見方によっては知名度の高くない曲だけだと盛り上がらない
ので盛り上がりたいバカな客のために定番曲をぶち込んで頼
みの綱にするかー、みたいなイジワルな見方もできますが。

ライブって元々その、「バカな客のために盛り上がる定番曲
をぶち込んでアゲる」というのが根底にある大前提、そのた
めのライブの意義という気もしますので。どうしても通した
いポリシーなどが邪魔にならなければいいと思うんですよね。

…なんでいつもこんなに偉そうに語るんでしょうか・・・。

まあ正直な話、特典曲とかまだ聞きなれてない新曲とかは我
々としてもホンネの魂には届きにくい、慣れ親しんだ定番の
曲でキャストと会場と一体になりたい、という気持ちもある。

でも毎回同じことやるのもアレだし…というのもあり。結局
楽しくやれればなんでもいっかーという結論で。実際楽しか
ったですよね。キャストの伝道師レベルが高ければ高いほど
ファンも熱狂するというのは、μ’sですでに立証済みですし。

とにかくまあ、まとまりないですけどそんなのを感じてました。

ライブはやっぱりいいですよね。特別感、非日常感があって。

楽しかったなあ。



そしてそして。

すでに公式でも上がってしまったので知れ渡ってしまいまし
たけど。今回、特別情報としてスクスタ(と略すらしい)の
特別メッセージ映像が出たんですね。そこではμ’sとアクア
がセリフのみとはいえ、ジョイントを果たしていたわけです。

会場も劇場も嵐のように唸っていました。絶叫する人、呆然
とする人、泣き出す人までいるしまつ!大げさだよ、もう!

とはいうものの、過去はμ’s時代のライブしか見たことがな
いような我々はとくほうコーナーで当然ながらグループ共演
情報とか見たことがなかったわけで。時代、流れ…というか
未知の状況にはそのような反応があってもおかしくはない。

アクアのライブなのにμ’s…何もこの場で、とか一瞬思わな
くもないんですが。ここに何か大事なところがありそうです。

余談ですがSDキャラがμ’s版の絵も動いていたのも注目で。
アクアの幕間から出現した手法が、μ’sにも反映されました。


しかし確かにこれは…この前も言いましたが先代のおちから
を借りに狩り出されたようにもなーんとなく思えなくもない。

んですが。

スクフェスというのがミソですよね。

いろいろ考える事はあります。

スクフェスはあくまで本部以外のただのゲームで。本部の動向
を左右するような事はあまりなく、アクアがいるとはいえμ’s
が終わってしまい大打撃でどうしようかというのはあったんじ
ゃないかと思います。本部も助けてくれない?し、そのまま無
念に終わるかと思われた。あくまで脇役だったということで。

そのスクフェスがアクアのライブ中にいきなり特報入れて、さ
らに先代を引っ張り出してコンテンツもろともの盛り上げを画
策してきたという図に、やはり色々感じるところがありますね。

もうどこからどこまでがどうなのかも、わからないですけども。

一番驚いたのはその部分ですかね。

アクアのファンが急にそんな話振られても…という面も、例え
ばスクフェスに新規で入った人などはμ’sのことなどをしらな
い、同じアプリに入ってるのに壁があって行き来できない、こ
の謎のグループは何?っていう状況もないとはいえないわけで
す。その壁をはらう(はらえる)意義は多いにあるといえます。


長くなってしまいましたがそんな色んな事を考えさせられました。


ライブは今日、最終日を迎えます。

さすがに最後なので、何かあるかも。ないかも。

そんな未知の期待や夢を作るのもまた運営の仕事なんでしょう。

あとあれだ。ニコ生で二期の特別放送、そしてその後にはつい
にアベマであの劇場版もやりますので。お忘れなきように!

by garretexbb | 2017-09-30 12:41 | ラブライブ! | Comments(0)

ラブライブと日常


by 地味人生