サマーサマー

なんかテレビでもポケモンの特集してましたけどすごい
んですね。普段アプリのゲームとかやっていてもあくま
で「電話で遊んでいる」という意識はなくなることはな
いと思うんですけども、電話自体を妖○ウオッ○にしよ
う?という発想が、普通あえてやらない事をやる感じで。


それはそうと、スクフェス!



e0349199_00075731.jpg



























小悪魔ことりが出ました!例によってでん部がきわどい!
攻めてるねことりちゃん!いえ攻めてるのは運営ですが?
限界ノーチラリズムという文化の波の中でたゆたう私たち。


e0349199_00074731.jpg


















ていうか一度に二枚!そして凜ちゃんも。

いきなり覚醒だァ


e0349199_00075102.jpg





























かわいいですね。一体毎回どういう発想でこういう衣装
が出てくるのだか、機会があったらぜひ訪ねたいもので
す。いえことりにではなく運営に、ですが。

とはいえ、できれば、ほのかをひきたかったのですが。



プレイの方ではこのところ、絶望的にコンボができなく
なってきました。一時期に比べてもひどすぎるようです。

いつも言ってる2連打もそうですが、右手ホールド状態で
左上から真下まで順番に下ってくる押しの、時計で言えば
7,6の順のとこでしょうか、ほぼ99%できなくなりました。

左手が緊張のせいか脳伝達不能のせいか、ギ○ンバレー
症候群のように動きが止まります。もうついてけない…。
おまけに一度苦手意識がつくともう使い物にならないよう
です。苦手な曲にはたいてい上のようなのが必須で入って
いるので、多分あきらめざるを得ないでしょう・・・。

あくまで、楽しむだけなら今後もできるでしょうが、もう
コンボを狙ったりスコアを狙ったりすることはできないよ
うです。短くも楽しい時間でした。もう、終わりだよ…。

なので少しずつ、せめて判定多数になりつつも、ある程度
の点数は出るような構成に、少しずつ変え直しています。

スコアは捨てました。コンボできないと楽しくないですし
ね…。ちなみにそもそも早さがもう少し遅ければ反応自体
はできるのでスピード9に落として遊んでみたんですけど。

e0349199_00080071.jpg


















ひどい!さすがにもう無理というか合わないというか、
かったるすぎてテンポがやってられないというか…。
例えついていけなくてもいいので速度10に戻しました。



スクフェスはそんなところでした。


さて。先日のサンシャイン第三話。

もう今更っていうか。語るのもしょうもないっていうか。
色々とあれなんですけども…。

せっかくのシリーズ初リアルタイム、そして今回は若干の
メモリアル回でもあり、珍しく順を追って語りましょうか。
本来ならあまりこんな状況も機会もないのですが。オマー
ジュ部分とか、キモく語りたいとかあるじゃないですか。
製作が「こうしたよ」というところを見るのもまた一興。

とは言っても例のごとく、深い洞察や考察ではなく、感想
とも言えず思い込みと勘違いとキモさで進む例のヤツです。



あくまでマイタイムなので例によって回れ右推奨ですね。
一緒に見るようなつもりで、ニコ○のコメントのように。

いわゆる「痛いファンが嬉々として指摘する少ネタ部分」。

ゲヘヘ、みたいな。


練習時の掛け声、フォーまでで、まだその先までいってま
せんね。これは進行度や熟練度の表現でしょうか。前作も
物語深度によって数が増えていたような気もします。チカ
の練習着が「ほT」ならぬ「チT」にすでになってるのが
笑いどころでしょう。…そんなところまでかよ!

アスカ来日ならぬマリーのヘリですけど、これがつまり後
に出てくるマリーのセリフの「スクールアイドルが生まれ
たと聞いて」にかかってる上での、認知行動なんでしょう。

高校理事長周辺の話はファンタジーの範囲として。デュー
ム、満員にできたら、というそれらしいワードも出てきて。
ダイヤの「こんな時期に」というのは、今後出てくるのか。

「うぇ」「そうだよねえ」、あたりもほのかを思わせます。
「そうだよそうだよ」「おーゴージャス」あたりもある。

「ハイレゾリューション」アイドルマガジンは、G’sですか!
ルビィのアイドル好き、花丸の文学好き&古風傾向も入れて。

名前決定あたりはちょっと唐突感がありますし、もう少し
引っ張っても良かったのではと思いますが。前作も募集スタ
ート話数が早かっただけで他所投げ描写ではありますしね。

前日からの怪しい雲行き、やれること(宣伝)はやってみた
けれど結果がどう出るかは分からない、普通にやればまず満
員はない、おそらくそんなこと分かっての活動でしょうがそ
れらしい厭世感も出さずに、静かにその日を待つ感じ。前作
では幼馴染メンバーのみでしたが今回は家族も巻き込みます。

今回は梨子がうみちゃん的なことを。衣装は言うまでもなく
スタダバリバリ意識の衣装のようです。憧れているなら、そ
してちょうど三人なら恐らくこれくらいはやるだろう、とい
う感があるので、単にサービスや安易な発想とは思えません。

ここで。

映像で恐らくスタダを知ったチカは、ほのかたちの三話の舞
台裏での行動のことなどは知らないはずです。最初に手を乗
せるのはスタダ最後の決めポーズなのでマネしてやってみた
のでしょうが、これは違う、と思い直す表現があります。

その後繋ぎ直しますが、今回は幕の前ではないので円陣が
最初から組めてますね。幼なじみ三人とは歴史も状況も違
うので当然カタチも違いますが、これもアリだと言えます。

やめて終わりにする?というのは以前曜に言われたチカが
返すところ、やめずにきた、大丈夫だよ、と笑い合います。

その後、活動の意義や理由、決意を口上すべく、輝くために
と続きますが。この辺、最初は例えば前作のように廃校阻止
と明確な理由、大義名分があったものに比べて、思いつき、
強引、中身がない、唐突で動機的に弱い感を禁じえませんが。

「やってみたいからやってみる、それでええんやない」

そんな言葉も、いつかあった。言葉に逃げるわけではなく、
「やりたいことは」っていうのは前作のほのか近辺あたり
から既に出ていたエネルギー源でもあり、それに気が付い
たのは前作のメンバーもライブ後だったりしましたので。

まあ「サンシャイン!」はさすがに唐突ですけどもね!

そして幕が上がるわけですが。

この瞬間、客はいるけども満員ではない、つまりこの時点で
「もうダメだった」という結果が出てしまったわけですね。

それでも来てくれた人に、そして、やりたかったことだから
と、歌を始めます。一見前作と違うようですが、実は同じだ
ったんですね。でも表情に悲壮感はない。これは恐らく、前
作より一歩先に「やりたいことをやりたいんだ感」が芽生え
てきた表現なのかも、と受け取ります。解散もかまわない。

そんな前向きな様子を満足そうに見つめるマリーですが。

例の停電ですね。

まあスパイス以外の何者でもないんですけど!

これ入れちゃったおかげで、えっ時間間違ったって館内のみ
んなはなんだったの!?肝心なとこ間違える!?日にちじゃ
なくて!?姉ちゃんが間違いでは?でも住民みんなきてるし
!?…等々と、せっかく前作の「一人もいないのはおかしい」
的な疑念などから改められたと思ったら、また新しい謎が生
まれたりしてしまったわけですけども。

でもさすがに大逆転のためにはコレ系の方法しかないなとい
うのもあります。「遅れてゴメン!」等にできなかったわけ、
非常電源がつく美術的タイミングなど、その辺の絡みもあっ
たかもしれません。バカチカが伏線になったものの、えらい
本当のバカやないか!と、ちょっとチカがかわいそうですが。

でもそんな危険なタイトロープアクロバット構成のおかげで
この辺から少しずつ、前作から離れていきます。「私バカチ
カだ…」と、身内や知り合いの心やパワーに早くも感謝した
り、ダイヤが実は応援してくれる面があったり、まあ、ちっ
さくて「くっだらない」と切り捨てられそうなショボ古典か
もしれないんですが。王道話としてはアリと思うわけです。

ダンスの方は、演出のためにあえて後回しにしたのは間違い
なく確実でしょう。汗や光など、スタダ髣髴もありますが…
現時点では単体ではさすがに比べられるものではないと思い
ます。スタダは何しろ、アレのために三話使ったようなもの
だと思ってますから。そこまでのネタ元やバックボーンが
μ’sに比べてほぼないアクアではこれが限界なのでしょう。

別に満員でなくてもマリーは停電までなら認めたかもしれ
ませんが、もう一押し感はあったのでクリア、のようです。

…ここで、サニーデイソング前の口上が出てきますが…。

さすがにちょっとここら辺はキッツイのですが!どんなに
好意的に受け取ろうとしてもやっぱり、そう、大人ですか
ら。純真な子供ならともかく、作為的、イヤラシサ、ウォ
ーという、なんだろう、安易さを消しきれない感情が。

ただですね。これも。

おかしいことはないんです。憧れ、目標、なりたいもの、
やりたいもの、そして、好きなもの。逆に、「なんとなく
で」とか、「目立てて快感だからです」とか、そんな実も
蓋もないことを言ったら来週からアニメ打ち切りでしょう。

言葉だけにとらわれず、この「新しい物語」を見る目が
必要な時が来ているのだ、と思わせられるものです。

スタダ後のほのかの決死セリフにはさすがに何やってもかな
わないので。テーマは勝負や目的より、今の青春であると。

ダイヤの口上は、まあ色々フォロー的なものがあると思い
ますが。そもそも、「この場にいた」ということ自体が(
他のキャラもそうですが)物語的には重要になるはずです。


とまあそんな感じで。

長々!ほんとうにながなが、まあああしょうもないキモい
勘違い感想的なものを、エラッソーーに恥ずかしげもなく
かたったもんですが!恥ずかしい!死にたい!一思いに!

ていうか!ねます!

続きはまた!って続けるのかよ!

by garretexbb | 2016-07-19 02:22 | ラブライブ! | Comments(0)

ラブライブと日常


by 地味人生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31