ファンミとG

ライブビュー行ってきました。予定では22:30とあり
ましたが、アンコール入れて結局、23時をほんの少し
超えたか超えないかくらいでした。でも十分、終電にも
間に合ってよかったです。やっぱアンコールないとね!


e0349199_01443405.jpg















熱狂だったので紙もくちゃくちゃに!

いや熱かったです。席もほぼ満席ですし。九割くらい
のひとが、応援時には完全スタンディングですし。

というかμ’sの登場前から、館内音楽的に音楽だけは
会場に流れてたりしたんですが。そんな段階から中国
の人たち!日本のファンにも劣らない棒さばきを!!
どうも聞いていると、コールやタイミングも相当のも
のを持っている気配があります。どんだけ勉強したの!

ちなみに勉強は、中国だと無理強いの意味だそうです。

そして登場から大歓声!ってかメルセデスアリーナでか!
なんかファンミーティングのはんちゅうを超えてるよ
うなちょっとした大きさでした。普通にアーティスト
が公演を行うような会場だそうです。割と本気です。

曲の方は定番、おなじみの曲からでした。あんまり特
化したような曲だと向こうの人もマスターしきれてな
い可能性もありますしね。でも定番ということは同時
に力も入ります。我々も一気に立ち上がって応援を!


その後はトークコーナー、クイズコーナーなど。実は
これが楽しみだったんですよね。これこそ「その時」
しか感じられない相互コーナーですからね。中野の収
録映像や幕張LV他などで、なんとなくはイメージも
あったんですが、やっと同期リアルタイムでコーナー
最後まで見ることができました。六人ということで、
危険な核弾頭の人などがいなかったりもしたのですが、
六人もいつでもソコに持ち込めるひとが多かったりし
ますので。最初から最後まで笑いしかありませんでした。

楽しかった!

といっても、あくまでメインは開催地の中国ですので
あんまり我々が喜ぶのもアレですけども。向こうの方も
それなりにはウケていたようです。通訳とかも大変だ
ったみたいですがそれすらネタにしていく、いつもの
ノリでした。本当にいつものイメージのままですよね!

コーナーのあとは曲のラッシュ!タカラモノズではポン
ポンも出ました。六人ですがおなじみミューズトレイン
も。ノーブランドガールでは、私も一瞬思わずジャンプ
してしまいました…。かなり熱かったです。汗かいた!

あくまでファンミーティングなのでライブのような大
きな足場で特殊効果バリバリ、ということはありませ
んが、久しぶりに完全なるファン(我々)の前に現れ
てくれたわけです。しかも中国の人もすごい。そんな
中で盛り上がらない訳がなく。なんか通常以上に激し
い動き、アドリブ的パフォーマンスとか、絡みのサー
ビスなども弾けた感じで、とても楽しいものでした。
久しぶりだからの、気のせいかもしれないですけども。


スノーハレーションも、向こうの人もバッチリ対応して
いました。なんかすごい。とにかく本当にほぼ完全対応。


アンコールでは、きましたミュージックのミ!

バッチリ練習していきました!振り付け指南のコーナー
もあり、中国の方も我々も一緒に!もうほんとノリノリ
で。ああ本当にファンミーティングだなあ、と思います。

最後はどんなときもずっとで。羽根で。最後まで、いつ
ものスタイルで。新しさはないかもですが誰もが望んだ
ものだったのではないでしょうか。でも幕間では、定番
コーナーの新しいの、家事などが捗る曲のメンバー最新
チョイスというのがあり、絵里の人のぷわぷわーお推し
や、劇場曲など割と「今」を思わせる場面もしっかりあ
ったりして場を賑わせていました。っていうかあの短い
曲間で振り&コールするのも今やお約束なんですよね!

そんな感じで。おわっちゃいました。

なんていうか。生ではありませんでしたけど。正直初め
て同期リアルタイムで応援できました。いろいろあって
今に至るみんなだと思いますけど。それらを超えた上で
の、今。みんなげんきそうで、本当に楽しそうでした。

あの瞬間だけは、キャストの人もスタッフも、そして見
てたみんなも、月並みな言葉ですけど、ある意味一体に
なってたわけです。それこそがライブであり、今、だと。

憧れた、イメージ通りのファンミーティングでした。

行ってよかったと思います。台湾も、考えてみます。


そうだ。行きがけにG’sマガジンと、新しいサイリウム
も買いました。これで私も二本!まさかこうなるとは!


e0349199_01443272.jpg


















G’sの方はすでに情報が出ていた通り、ここにきて割と
総力特集をしています。ほぼ全曲の紹介、ミニインタビ
ューなども。データ自体はみんな知ってると思いますし
いわゆるぐぐればすぐ出るでしょうが。紙の紙面にこう
やって記録されていくとやはり、意義も華やかさもあり。

ラブライブQはまきことのぞで、これだけでももう、な
んていうか。いえ結局どのキャラでもいいんですけどね。

カードゲームの方も、さすが物理媒体の強みで、G’sで
もPRカードを付録につけていくそうです。本体のカー
ドゲーム自体がまだ少し謎が多いのでなんですけども。

あと、マンガが!再開ということなので過去にやってい
たものでしょうか。こういう作品などは、語られきって
いない物語の間や矛盾点などをフォロー補完してくれる
場合などもあるので貴重だったりもしますよね。なにし
ろクロスオーバーすぎてわからないトコもありますし!


スクフェスコラボは、まずはスクフェス川柳からという
ことでした。川柳か!それか!反響しだいで徐々にコー
ナー化するのかもしれません。スクフェス公式が最近ま
であまりやらなかった、人気カード投票、対決、部門別
などをやったらおもしろいかもしれません。まずはどの
くらい、購読層とプレイ層が被るのかを知りませんとね。

サンシャインの方もちゃんと進んでいます。

劇場版などで絵を務めた方が、サンシャインの方にも協
力をされておられるようです。ちょっと新鮮でした。

セカンドシングルのタイトルも判明です。ニコ生で引っ
張った割には、若干扱いが小さい気もしますが!海の子
がセンターだそうで。PVの出来が。ファーストを超え
てくるのか。発売は4/27ですって。けっこう先だよ!!

実は特集で一番力が入っているのは、先日の初集合イベ
ントの詳細でしょうね。ネットなどでは断片的にしか拾
えない感じですが、少ないページながらも当日の様子が
かなり掲載されていました。行けなくて気になっていた
けど、メンバーの姿とかどうだったのかな、と気になる
人などは、一見してみてはどうでしょうか。


今日はそんな感じで。また夕方からライブシアターなん
ですけど。さすがにねる。

by garretexbb | 2016-01-31 03:15 | ラブライブ! | Comments(0)

ラブライブと日常


by 地味人生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30